“Fascinating Sister City Portland, Oregon!”

7/25(木)札幌パークホテルで開催されたイブニング・ディナ―・講演会には、国際短編映画祭、札幌・ポートランド姉妹都市提携50周年記念交流を機に、映画・芸術関連の事業を担当されている久保 俊哉(マ―ヴァリック・クリエィティブ・ワークス代表取締役プロデューサーをお招きして、オレゴン州の「姉妹都市ポートランドの隠れた魅力!」を映像を通して紹介して頂いた。環境No.1のバラの都ポートランドのイノベーティブな技術関係者、小学校をホテルに代え、観光スポットになったケネディ小学校などの紹介もあり、参加者も見入っていた姿が、印象的であった。

ところで、今年は札幌・ポートランド姉妹都市提携60周年記念の節目の年であり、札幌から市長はじめ経済訪問団、市民訪問団も6月5日にポートランド市で開催された式典参加した。本協会からも加森副会長夫妻、札幌商工会議所の会頭で本協会の岩田理事、御手洗専務、それに商工会議所の廣田専務も参加し、6月6日には、ポートランドの商工会議所グループのポートランド・ビジネス・アライアンスの事務所において、本協会とオレゴン米日協会のデーン・アルタマン会長と加森 公人 副会長との間で提携の調印式が行われた。

On July 25, Mr. Toshiya Kubo–a wellknown short movie producer of Maverick Creative Wrks Ltd. was a guest speaker for the Evening Dinner. As Mr. Kubo has been involved in film making regarding Sapporo-Portland Sister City programs for the past 50 years, he intdoduced not only beauty spots of Portland but also bestkept secret tourism spots and places in and around Portland. Kennedy Elementary school is one example– a school building turned itself into  one of the finest and  fascinating hotels by inovative  Oregonians. The audience loved the new hotel at first glance.

Incidentally, as this year marks the celebration of the 60th annivesary of the forming of Portland-Sapporo Sister City Relationship, Mayor of Sapporo, business leaders’ group, and citizen’s group visted Portland, Oregon to attend ceremonial events held on June 5.

On June  6,  Japanese-American Sociaty of Oregon(JASO) and our society(AJSH) concluded Memorandum of Cooperation and Unterstanding signed by our Vice President, Kimito Kamori of AJSH and Chair, Mr. Dean Alterman.

From our side, Keigo Iwata- Chaman of Sapporo Chamber of Commerce and AJSH’s,Board member, Ryu Shibata, AJSH’s Board member,  Shoji Mitarai,Executive Director, Mrs. Kazuko Kamori, Kyoichi Hirota ,Executive Director of Chamber of Commerce also attended the signing ceremony.