お知らせ – お知らせのカテゴリ – 北海道日米協会
top-img

伊藤義郎氏を偲ぶ「蒼空のつどい」Under the Azure Sky in loving memory of Yoshiro Ito 3/04/’24

伊藤義郎氏(本協会元会長・特別功労者)を偲ぶ厳粛な「蒼空のつどい」3/04/2024

令和6年3月4日に故伊藤義郎会長(享年96)を偲ぶ「蒼空のつどい」が、札幌グランドホテルで開催されました。

A memorial gathering in honor of Mr. Yoshiro Ito

Sharing stories, memories, love and smiles, hundreds of people from Sapporo, Hokkaido, Japan, and around the world gathered at the Sapporo Grand Hotel on March 4th memorial service to honor Mr. Yoshiro Ito, who passed away at the age of 96 on December 5th, 2023.

つどいには、米軍関係者ほか国内外から参列者が詰めかけ、昨年12月に旅立たれた伊藤会長の幅広い人脈を物語っていました。

北海道商工会議所連合会会頭、で岩田圭剛が、「まさに巨星墜(きょせいお)つという言葉に等しい伊藤会長は、北海道の歴史そのものだった。伊藤会長は、いつも『大北海道』と言って47都道府県の一つではないと仰(おっしゃ)っていた。日本の中で、北海道は必ず貢献できる大地であり、インフラ整備をすることは無駄ではなく、日本のためという信念を持っていた。目指すべき指針を示す北極星のような存在だった」と述べた。

Mr. Keigo Iwata, the chair of Hokkaido Chamber of Commerce, the acting president of our society and close friend of Mr. Ito gave a moving tribute, saying: “Mr. Ito represented the history of Hokkaido. A Great Hokkaido contributes to itself and to the growth of Japan as well. He was our polar star, exhorting us to move forward together for the development and the benefit of Great Hokkaido.”

続いて、元米国中央軍司令官海軍大将ウィリアムJ.ファロン氏が登壇。「どんな状況でもヨシさんはいつも笑顔だった。自信と尊厳と善意に溢れ、フレンドリーな人柄が伝わってきた。彼ほど日米同盟の強化と友情促進に取り組んでいた人はいなかった。ヨシさんは、米国海軍の尊敬すべき特別な友人だった」と弔辞を述べた。

U.S. Admiral William Fallon gave a memorial address, stressing that “Ito-san understood the importance of a close and enduring relationship between Japan and the United States for future of our citizens, and for peace and security in the Asia-Pacific region. No man did more to foster friendship and strengthen the Alliance between Japan and the United States. Ito-san was an exceptional and esteemed friend of U.S. Navy, working publicly and behind the scenes to smooth our way.”

弔電の紹介では、伊藤会長の孫、伊藤香一氏がラーム・エマニュエル米国駐日大使からの弔文を英語で代読、日本語に自ら訳されました。

Mr. Ito’s grandson, Koichi Ito, translated a funeral address by American Ambassador Rahm Emanuel and read it on his behalf. Consul General, Mr. Wuebbels, we are very grateful for your generosity in assisting with this.

伊藤組代表を務める長女の美香子氏は、「父は何事にも厳しい人だったが、普段は優しく心穏やかだった。青空に飛行機を見つけたら父を思い出して下さい」「いずれ孫の2人は伊藤組を守り、近い将来には伊藤組を引っ張っていってくれると信じている」と結んだ。

Mr. Ito’s eldest daughter Mikako made the closing remarks, telling us: “My father was strict with us, but at the same time he always cared about us. When you see a jet plane flying over the sky, please recall him. In the future, I firmly believe that my father’s two grandchildren will play a major role for the development of Ito-gumi, following in my father’s footsteps.”

孫の14歳の香一さんは、「90歳を超えて大学に通いたいと言うほど新しいことを学ぶことが大好きな祖父だった。私たちにさまざまな学ぶ機会を与えてくれ、学ぶことの大切さを教えてくれた」と話した。同じく孫の美子氏は、伊藤氏とのエピソードについて、「おじいちゃんは、スピーチはうまいけれど、手紙を書くのが苦手でした。一枚のはがきを書くのに1日かかったこともありました」と語った。
Koichi(14 years old) recalled: “My grandfather, even at the age of 90, told me that he’d like to go to college again. He taught us how important it is to keep learning new things, regardless of age.”

同じくお孫さんの美子さんは、おじいちゃんの二つ目の寓話について、「おじいちゃんは、スピーチはうまいけど、手紙を書くのが大の苦手で、一枚のハガキを書くのに、一日かかったこともあった」と話してくれました。

Another grandchild of Mr. Ito’s, Miko (9 years old), gave us a humorous recollection, saying “My grandfather is good at speaking. But, when it comes to writing a letter, it took him a day to write two lines!”

 

 

3/14/’24春の例会Luncheon宮田昌利・釧路日米協会会長を迎えて

3月14日(木)京王プラザホテル札幌で開催された「春の例会・午餐会」には、釧路日米協会の会長・北海道ギガビット協会組合理事長で本協会会員の宮田昌利氏が刺激あるアメリカのビジネス視察旅行の刺激ある報告を行って下さった。

On March 14(Thu.) at keio Plaza Hotel, Sapporo, Masatoshi Miyata—President of  the America-Japan Society of Kushiro, Chairm旅行an of Hokkaido Gigabit Uni on Association, and our member gave a stimulating  presentation based on his recent business trip to the United States.

講演タイトルは「CES2024、シリコンバレー見聞報告」~アメリカのビジネス・ダイナミズムとベンチャーのエコシステム、北海道がこれから、どのようにをものにするのか!~について、スクリーンを通して発表して下さった。さらに、ラスベガスで開催された電気関連企業や関係者を対象としたのコンベンション、加えて北海道の友好州のハワイにおける同人会との交流についての報告もあった。

Mr. Miyata’s power point presentation title was “My Recent CES2024 Silicon Valley Saga Business Trip Report. He talked about very latest business dynamism seen in the United States—starting from new companies, including HIMD  in Silicon Valley. He also reported on his new discoveries attending CES Convention held in Las Vegas. Aside from business talk, Mr. Miyata showed us photos taken in Hawaii(which is Hokkaido’s Friendship States) with Dojinkai group of people.

1/18(Thu)’24新年祝賀New Year Concert

2024年1 月18日(木)に札幌グランドホテルにおいて有名なソプラノ歌手の川島沙耶(さや)さんとピアニストの山田しのぶさんお招きしてのニューイヤーズ演奏会を開催。例会の冒頭に昨年12月 6日に旅立たれた伊藤義郎会長に対して哀悼の意を捧げつ共に、御冥福をお祈りし申し上げました。また、伊藤会長の数えきれない宮様スキーなどスポーツ、文化、放送分野における社会活動、さらに日米友好親善を促進すすため本協会の事業、活動にも御尽力頂いた事を想起ちながら、参加者一同で黙祷を捧げました。

On January 18(Thu.)the AJSH’s New Year Concert was held at Sapporo Grand Hotel inviting a famous soprano singer Saya Kawashima and a pianist Shinobu Yamada. But at the outset, we made a prayer for Mr. Yoshiro Ito who passed away on December 6 last year—paying a special tribute to him and a number of contributions made by him in the spheres of business, sports, culture, broadcasting enterprise and diplomacy(especially promotions of  friendly relationships and good will between Japan and the United States).   May he take a rest in peace!

午餐会は、本協会の布施正樹・運営理事の乾杯の発声で始まり、また、二代目佐藤貢会長が創設された雪印メグミルク株式会社の太田喜朗・北海道本部長からも、雪印社長で本協会の佐藤 貢・会長の想い出を含む祝辞を賜りました。さらに、スポーツ部会の藤山和夫北海道物産の社長と吉田一彦会員から今年のスキー部会の活動と今後スケジューツの報告がありました。

The New Year luncheon  got underway  with  “Kanpai”(Toast) by Mr. Masaki Fuse, a Board member.  Mr. Yoshirou Ohta of MEGUMILK Snow Brand Co. Ltd offered  New Year Greetings, including memories of the second AJSH’s President of MitugiSato(President of the Snow Brand company) and Best Wishes for 2024.  Mr. Kazuo Fujiyama and Mr. Kazuo Yoshida of  the AJSH’s Athletic-Sport committee members made an announcement of  ski events to be held at Teine Olympia ski resort.

昼食後には、川島さんと山田さんによる演奏会が行われ、ミュージカル「マイフェアレディ」より“踊り明かそう”、歌劇「カルメン」より“恋は野の鳥”、シャンソン“愛の讃歌”、“オーシャンでリーゼ”、さらにアンコールにフランスの歌手アダモのヒット曲“ろくでなし”が披露され、大歓声と大拍手がなりやまず、盛大の内にコンサートの幕が閉じられました。

The highlight of the event was a fantastically demonstrated concert—-welcoming Saya Kawashima as a singer and Shinobu Yamada as a pianist.  Such hit songs as “May Fair Lady” from Musical,  “Carmen” from Opera, a couple of Chanson music “If you love me(Hymel L’mour), “Champs Elysees” and an encore “Mauvais  Garcon”  were received

with hearty rounds of applause by the entire audience.

 

 

 

 

 

 

11/19/’23(Sun)ボー・ミラー米国領事(U.S.Consul Beau Miller )講演 IYFとEvening Dinner

 日米協会では11月19日(日)にボー・ミラー米国領事をゲストスピーカーにお招きし、二つのダブル・ヘッター・イベント(午後には「第7回国際ユースフォーラム(IFY)札幌」(HIECが共催)、午後には「イブニング・ディナ―」を開催。

On Sunday, November 19, U.S. Consul Mr. Beau Miller was our guest speaker for a double header of events: the 7th International Youth Forum (IYF) Sapporo in the afternoon, and then the AJSH Members Dinner Reception in the evening.

「第7回国際ユースフォーラム」ではミラー領事のプリゼンテーション後に、領事のテーマに基づくグループ・ディスカッションに60名の高校生、北海道インターナショナルスクール、アメリカン・フィールド・サービス(AFS)、それに苫小牧高専の学生達が参加。 お国柄も多様で、アメリカ以外のスペイン、コスタリカ、フランス、イタリア、 スリランカ、タイ、ノルウエー、スイス、香港、トルコからの学生達が、日本の学生達、それにミラー領事らと意見交換を行い、有意義な時を過ごしました。テーマは、日本の世界における役割のみならず、、日米関係、気候変動問題、それに異文化理解と交流など多岐にわたるものでした。

夕方の「イブニング・ディナ―」において、ミラー領事は、午後に開催された「国際ユースフォーラム」の印象(学生達が日曜の祝日にもかかわらず、熱心に現代の世界の問題を熱ぽっく語る姿勢と姿に感動)を報告。その後、自分が幼少時代に過ごした東京の横田基地時代、アメリカでの学生時代に外交官にあこがれたストーリー、さらに外国になってからの人びとと、国々を結びつけるという「外交」の意味と外交のあり方について、これまで駐在されたインド、ベトナ、韓国、副大統領との想い出も含め、熱っぽく語られました。

At the IYF, 60 high school students, including from Hokkaido International School (HIS) and College of Tomakomai National Institute of Technology (Tomakomai Kosen) enjoyed a keynote speech by Mr. Miller about his educational and career background, and how cross-cultural communication experiences from growing up in Japan and attending schools on Yokota Air Base help in his current role as a diplomat assigned to the U.S. Consulate General in Sapporo.  International students not only from the United States, but also from Spain, CostaRica, France, Italy, SriLanka, Thailand, Norway,   Hong Kong, and Turkey enegetically took part in the exciting forum. 

Based on his speech, the students took part in group discussions. Mr. Miller also joined the one discussion group, sharing his views and opinions with young participants. The participants were very excited to meet and talk with him not only on cross-cultural issues and the importance of cross-cultural understanding, but also on U.S.-Japan relations in connection with global issues (“problems without passports”) such as climate change.

In the evening Mr. Miller was a guest speaker and reported on his impressions of IYF. He spoke highly of the young participants who dedicated their time on a Sunday to join the IYF, and eagerly engaged with one another to brainstorm ways to tackle important issues affecting Japan and the world. He also spoke about his U.S. State Department assignments in Vietnam, India, Korea – and now coming “full circle” back to Japan, including returning to Yokota Air Base to welcome the Vice President to Japan last year. His presentation was warmly received by the audience.

 

9/14/’23(Thu.)中西・大竹夫妻会員の「友好州ハワイのサミット・道人会・他報告」

 

9月14日(木)札幌パークホテル(テラス・ルーム)で開催されたイブニング・ディナ―では、本協会会員でハワイ北海道人会会長の大竹達也氏と、(株)どうきゅう代表取締役ハワイにも「とんかつ玉藤」をオープンされた中西泰司(本協会理事)に、7月27日と28日にホノルルで開催されたシスター・サミット「私たちをつなぐ絆」、さらに北海道人会の活動、北海物産展、「玉生藤」のホノルル店についてスリーンを通し報告して頂いた。また、大竹氏の本協会会員の大竹千夏さんには、パソコンの捜査等で協力を得ることができ厚く御礼申し上げたい。

北海道とハワイ州が5番目の友好州であること、また、北海道主催のランチ・レセプションの報告もあった。At Evening  Dinner  held on September 14(Thu.) at Terrace Room in Sapporo Park Hote l, Mr. Takuya Ohtake, The AJSH member and President of Hokkaido Dojinkai and Mr. Taiji Nakanishi, The AJSH member, President of Dokyu Ltd. and a restaurant Tamafuji made a fine presentation on

SISTER SUMMIT~A Hawaii-Japan  Program held in Honolulu on July 27 and 28, Dojinkai activities, Hokkaido products’ Festival together with   Mr. Nakani’s restaurant in Honolulu. They also reported Hokkaido and Hawaii became the 5th Friendship State and Hokkaido Lunch Reception sponsored by Hokkaido group.

Many thanks should go to Mrs. Chinatsu Ohtake,The AJSH member  who helped their presentation manipulating power point materials via computer.

 

 

 

 

 

 

北海道日米協会の過去の活動については、こちらからご覧ください。