イベント – お知らせのカテゴリ – 北海道日米協会
top-img

2018年「国際ユースフォーラム・札幌大会」の基調講演者の決定

北海道日米協会「第 4 回国際ユースフォーラム・札幌大会」の基調講演者が以下の通り

「Motoko Rich」様に決定しました。

7/26/2018(木・Thu.)イブニング・ディナー講演会

2018年7月26日に札幌グランドホテル「金枝の間」において、株式会社「きのとや」の長沼 昭会長をゲスト・スピーカーにお迎えしてイブニング・ディナー講演会を開催した。講演タイトルは、『若き日の想い出~アメリカ旅行』。長沼会長の25歳の時に初渡米されグレイハウンド・バス(99日間のパス購入)を利用し、紹介されたアメリカのホストファミリーを頼りにミシガン州のデトロイト、コロラド州、ニューヨーク州その他の州はむろん、カリフォルニア州にお住まいのお姉様にも会いにサンタ・バーバラで過ごした若かりし頃の氏想い出、それに「武勇伝」を楽しく語って頂いた。 伊藤会長はじめ会員達も長沼会長のチャレンジ精神と冒険心、それにアメリカのホストファミリーの心温まるホスピタリティを通して得た長沼会長の貴重な体験談を伺うことができた。   Mr.Akio Naganuma,Chairman of  the well-known conferctionary firm “Kinotoya” gave us a marvelous life story visiting many parts of the United States at the age of 25–his memorable experiences and hospitalities he had received from American host families–in his youth. He ventired out to travel Michigan, Colorado, New York vis Grayhound bus(99 days free pass) and stayed at American host family homes. Hie story also included his brief stay at his elder sister’s home in Santa Barabara in California.    His venturous Saga tremendously enchanted not only Mr. Yoshiro Ito,Chair of the AJSH,but also every member of the audiencend

 

 

 

11/05(Sun.)第3回 国際ユースフォーラムThe 3rd IYF Sapporo,2017

The 3rd International Youth Forum,Sapporo on Nov.5(Sun),2017

2017年11月5日に京王プラザホテル札幌にて、姉妹州のマサチューセッツからのゲスト・スピーカーをお招きし,北海道日米協会主催「第3回 国際ユースフォーラム札幌大会」が開催されました。お陰様で盛大なうちにIYは終了しました( 当日の様子については 下記の写真を御覧下さい。(On the IYF activities, see the photos below.)

先ずは,御協力下さった共催の北海道国際交流・協力総合センター(HIECC),後援の在札幌米国領事館,伊藤組100年記念基金,それに協賛の北海道コカ・コーラボトリング株式会社, 株式会社ロイズコンフェクト,サッポロビール株式会社,株式会社いまい,加えて,協力団体の京王プラザ 札幌,札幌国際プラザ,SEAには心より御礼申し上げます。

また,今回のIYFに参加下さった北海道札幌国際情報高校,清田高校,北嶺中高等学校,札幌第一高校,札幌聖心女子学院高校,北海道インターナショナル・スクール(HIS)の先生方と生徒さん,それに選抜された大学生達(北海道大学,札幌大学,札幌科学大学,藤女子大学・他)hokkaidou と道日米協会の参加者にも,心より感謝申し上げます。最後に,IYF札幌の布施正樹(実行委員長),小笠原はるの(副実行委員長),小林俊三(メディア企画担当),バリー・ラツリフ(北海道インターナショナルスクール校長),高橋稀典・対木孝成・渡辺慶人ら青年部会委員にも御礼申し上げます。

The 3rd International Youth Forum(IYF), Sapporo was held on Nov. 5 at o Keio Plaza Hotel,Sapporo–inviting a special guest from our Sister State, Masachusetts .

Profound thanks go our to the HIECC(co-sponsor), together with  The U.S.Consulate General,Sapporo, The Ito Gumi  Foundation. We also would like to extend our thanks to the follwoing  supporters: Hokkaito Coca-Cola Bottling Co.Ltd, Sapporo Breweries Ltd, Imai Ltd. as supporters. Keio Plazsa Hotel,Sapporo, Sapporo International Communication Plaza Foundation, and SEA coorporated us a great deal.

Most of all, our deep apprecaiations go not only to high school students and teachers of —Hokkaido Sapporo Kokusai Joho high school, Kiyota high school, Hokurei junior-high school, Sapporo Daiichi high school,  Sapporo Sacred-heart girls high school—but also to HIS students and  and selected members of college students rainsing from Hokkaido University, Sapporo University, Hokkaido Kagaku (Science)University, Fuji Women’s University,etc. and the AJSH members-—- who actively and vigorously participated in the IYF this year.  We’d like to thank Mr. Masaki Fuse(Director of IYF), Dr. Haruno Ogasawara(Vice Director of IYF), Shunzo Kobayashi(Media&Planning), Barry Ratzuliff(Head Master of HIS), Mr. Maresuke Takahasih, Mr. Takanari Tsuiki , Mr. Yoshihito Watanabe.

ゲストにはドキュメンタリー映画「Paper Lanterns」のプロデューサーでボストン日本協会名誉理事長であるPeter Grilli(ピーター・グリーリー)氏を迎え、学生とのディスカッションにも参加していただきました。グリーリーさんからは,今回の日本訪問で最高の想い出となり,啓発された札幌スタイルの国際ユースフォラム(IYF)の感想が届きました。IYF札幌スタイルについては,ボストン日本協会,アメリカ,東京や京都の日米協会多数の関係者達にも紹介された。

An invited guest speaker was Mr. Peter Grilli,a movie producer and  President Emeritus of Japan Boston Society,–from our Sister State Massachusetts. Peter-san visited here with his wife Suzan, and Mrs. Kiyoko Morita,Director of the Mass-Hokkaido Soceity in Massachusetts also joined the IYF.  His presentation based on the documentary film dealing with the 12 American prisoners of war in Hiroshima “Paper Lanterns” allowed  the young participants and other participants to re-consider the meaning of  not only “Peace” through education and dialogue, but also the importance of cross-cultural dialogues through cross-cultural intercahnge and educational program like the IYF,Sapporo. It was a fun and memorable event– invititng friends from Massachusetts.

Dear Friends: (a part of Peter Grilli’s letter  from Boston)

…..We also enjoyed many wonderful reunions with Japanese friends, visiting their homes or meeting over dinners, catching up on news both political (mostly terrifying) and personal (inspiring and enriching).

High on our list of memories of the trip was an International Youth Forum in Sapporo, where a screening of “Paper Lanterns” to about 200 high-school and college  students launched a fascinating three-hour discussion. Meeting with students in breakout groups, both of us were moved and inspired by their responses to the film, involving  aspirations for the future of Japan and their concerns about nuclear weapons.  

Despite the daily threat from North Korea, a short distance across the sea from their homes, these students were unanimous in wanting Japan to be nuclear-free. Inspired by the film, their comments extended far beyond their own country: all people throughout the world should cherish peace, free from threats of another terrible nuclear bomb…(Peter Grilli) 

The above is the summary of Mr.Peter Grilli who reported the successful Sapporo way or style of international youth forum to his friends and assciates at members of  Boston Japan Society, America Japan Societies of Tokyo and Kyoto.  

11月5日(日)2つのビッグ・イベンツTwo Big Events 2017

On November 5(Sun.) 2017, ”Two Big Events Were Held

To keep the AJSH’s ties with our Sister State Massachusetts going,we invited our close and dear friends from Boston, Massachusetts—Mr. Peter Grilli— Prisident Emeritus of Boston Japan Society and a former studetnst of Dr. Edwin.O. Reishauerr at Harvard— and his wife Suzan, and later Mrs. Kiyoko Morita for “The 3rd International Youth Forum, Sapporo” and the Welcoming Evening Reception  held at Keio Plaza’s Rm.Miyabi.

2017年11月5日(日)京王プラザホテル札幌にて,北海道の姉妹州のマサチューセッツからピーター・グリリー(ボストン日本協会理事長・ハーバード大学のエドウィン・ライシャワー教授の教え子の一人)と奥様のスーザンさん,それに現マサチューセッツにあるマ州北海道協会の代表の森田喜代子先生をお迎えし,二つの記念事業を開催した。午後には高校,大学,HIS(北海道インタナショナル・スクール)の学生達と選抜された本協会のメンバーたちを対象とした講演会・グループ・フォーラム・デイスカションに参加下さった。大変興味深く素晴らしい講演の後も,学生達と共に日米の被爆者の歴史的問題,今後の未来の日米関係,文化・教育交流等についてデイスカッションに在札幌アメリカ総領事館のライチェル・ブルーネット・チェン首席領事らと共に参され,異文化教育交流を深められた。 伊藤義郎会長からも英語によるコメントを頂き,ヤング世代にとっても励みとなった。 ピーターさんからも「札幌の次世代の若者達の被爆者問題,そのた日米,世界の問題や関心事についての発表や率直な多くの意見に勇気づけられた」との感想が届いた。 *なお,第3回「国際ユースフォラーム札幌」については,別のセクションの第3回「国際ユースフォラーム札幌」の箇所をクリックし御覧下さい!

ピーターさんマサチューセッツ・グループは,夕方に同会場で開催された「歓迎レセプション」にも参加され,本協会会員らと共に二つの姉妹州の発展と今後の日米の友好・親善の絆を深めることも誓った。

A guest speaker, Peter-san made a wonderfully interesting  presentation in plain English and then joined the group discussion sharing his views with tne young student body.  Mrs. Rachel Brunett-Chen, the principal officer at Sapporo’s American Consulate General also cntributed.  Mr. Yoshiro Ito gave us a surprize comment entirely in English.   On the evening of November 5th, the AJSH’s Welcome Reception was held in the same room–inviting our friends from Massachustts mentioned Obove–confrming strong friendly and strong ties between Hokkaido and Masachusetts. Peter-san was very much impressed with and encouraged by candid opinions expressed by the young turks in Sapporo.    For Further informarion on the 3rd International Youth Forum, see another section— clicking the 3rd International Youth Forum, Sapporo(  第3回「国際ユースフォラーム札幌」)

 

 

 

2017年9月例会

2017年9月21(木)

イブニング・レセプション(パーク・テラス:札幌パークホテル)

ゲスト・スピーカー: 松井 正憲(テレビ北海道社長)

Sept. 21(Thu.) Evening Reception at Park Terrace

A guest speaker: Mr. Masanori Matsui(President of Television Hokkaido)

On September 21(Thu) at Park Terrace(Sapporo Park Hotel), Mr. Masanori Matsui gave an  exciting and interesting talk on American  politics, diplomacy and social changes—based on his own experiences

working for the NIKKEI,Washington D.C. as a foreign correnspodance . Inasmuch as the NIKKEI”s office directly facing the White House, Mr. Matsui as the head of the NIKKEI had an opportunity to observe what was going on at the White House.too.

Besides his talk, a new individual youth member, Haruna Nakamura–who studied at Ball State University in Indianna on an exchange student representing Sapporo University–was a happy addition to the AJSH.   She was  introduced by Dr. Haruno Ogasawara, her mentor.

9月21日(木)のゲストスピーカーに長年(1980年代),米国首都ワシントンで日本経済新聞の支局長としても活躍した松井 正憲テレビ北海道新社長を講演者にお招きした。首都ワシントンの日経事務所はホワイトハウスの正面にあるため,松井社長はファーストハンドでホワイトハウスの内情を観察できた海外特派員でもあった。

今回も米国インデイアナ州立大学ボール校に留学軽軽のある中村ハルカさん(札幌大学でもアイヌ文化英語で紹介する研究に取り組んでいた。)が個人会委員として入会下さり,指導教授でもある小笠原はるの副実行委員長から紹介された。

北海道日米協会の過去の活動については、こちらからご覧ください。