7 月28日(木)に「おかえりなさいグレン・フクシマさん」歓迎エブニング・ディナ―が札幌パークホテルの「テラス・ルーム」で開催された。今回の例会には、80名以上の会員と、その同伴者達の申し込みがあった。フクシマさんは、米国ハーバード法科大学院を卒業後、数多くのアメリカの政権の高官として、米国通商代表補代理、オバマ政権ではCAP研究所の上級研究員を歴任。さらに在日米国商工会議所の会頭として活躍された経歴の持ち主である。現在は、米国証券投資保護公社の副理事長であり、5月22日には、日米の次世代の若者達の教育文化交流用のための基金「フルブライト・グレン S. フクシマ基金」を設立された。「激動の国際情勢における日米の新時代」の講演の中で、フクシマさんは、戦後の日米関係から未来のビジネス・経済、科学、教育その他の分野における交流の重要さとグローバル・ネットワー作りの必要性も日本語で力説された。好評なうちに講演は終了した。その後のディナーは、ジェイコブ・ロッカ新米国総領事 の乾杯の発声でスタートした。

“Welcome Back to Sapporo! Glen Fukushima-san” Evening Dinner was held at Terrace Room in Sapporo Park Hotel on July 28(Thu.)  More than 80 members and their companions signed for this event.

After graduating from Harvard Law School, Mr. Fukushima who worked under the Obama Administration at CAP as a senior fellow(Former Deputy Assistant U.S. Trade Representative at SUTR, President of the American Chamber of commerce, a Board member of several Japan-America Societies in the United States.

His presentation focused on Postwar U.S.-Japan Relations, The VULCA Era, A New Era in  U.S.-Japan Relations, and Challenges for the United States. He attached an importance of how to create better relations between Japan and the United State in such fields  as  business/economics ,science and education. He donated and created Fulbright~Glen S. Fukushima Found($130 million) on May 22, this year. Evening Dinner got underway with ”Kanpai(Cheers)” by newly appointed U.S. Consulate, Jacob Rocca.