伊藤義郎氏(本協会元会長・特別功労者)を偲ぶ厳粛な「蒼空のつどい」3/04/2024

令和6年3月4日に故伊藤義郎会長(享年96)を偲ぶ「蒼空のつどい」が、札幌グランドホテルで開催されました。

A memorial gathering in honor of Mr. Yoshiro Ito

Sharing stories, memories, love and smiles, hundreds of people from Sapporo, Hokkaido, Japan, and around the world gathered at the Sapporo Grand Hotel on March 4th memorial service to honor Mr. Yoshiro Ito, who passed away at the age of 96 on December 5th, 2023.

つどいには、米軍関係者ほか国内外から参列者が詰めかけ、昨年12月に旅立たれた伊藤会長の幅広い人脈を物語っていました。

北海道商工会議所連合会会頭、で岩田圭剛が、「まさに巨星墜(きょせいお)つという言葉に等しい伊藤会長は、北海道の歴史そのものだった。伊藤会長は、いつも『大北海道』と言って47都道府県の一つではないと仰(おっしゃ)っていた。日本の中で、北海道は必ず貢献できる大地であり、インフラ整備をすることは無駄ではなく、日本のためという信念を持っていた。目指すべき指針を示す北極星のような存在だった」と述べた。

Mr. Keigo Iwata, the chair of Hokkaido Chamber of Commerce, the acting president of our society and close friend of Mr. Ito gave a moving tribute, saying: “Mr. Ito represented the history of Hokkaido. A Great Hokkaido contributes to itself and to the growth of Japan as well. He was our polar star, exhorting us to move forward together for the development and the benefit of Great Hokkaido.”

続いて、元米国中央軍司令官海軍大将ウィリアムJ.ファロン氏が登壇。「どんな状況でもヨシさんはいつも笑顔だった。自信と尊厳と善意に溢れ、フレンドリーな人柄が伝わってきた。彼ほど日米同盟の強化と友情促進に取り組んでいた人はいなかった。ヨシさんは、米国海軍の尊敬すべき特別な友人だった」と弔辞を述べた。

U.S. Admiral William Fallon gave a memorial address, stressing that “Ito-san understood the importance of a close and enduring relationship between Japan and the United States for future of our citizens, and for peace and security in the Asia-Pacific region. No man did more to foster friendship and strengthen the Alliance between Japan and the United States. Ito-san was an exceptional and esteemed friend of U.S. Navy, working publicly and behind the scenes to smooth our way.”

弔電の紹介では、伊藤会長の孫、伊藤香一氏がラーム・エマニュエル米国駐日大使からの弔文を英語で代読、日本語に自ら訳されました。

Mr. Ito’s grandson, Koichi Ito, translated a funeral address by American Ambassador Rahm Emanuel and read it on his behalf. Consul General, Mr. Wuebbels, we are very grateful for your generosity in assisting with this.

伊藤組代表を務める長女の美香子氏は、「父は何事にも厳しい人だったが、普段は優しく心穏やかだった。青空に飛行機を見つけたら父を思い出して下さい」「いずれ孫の2人は伊藤組を守り、近い将来には伊藤組を引っ張っていってくれると信じている」と結んだ。

Mr. Ito’s eldest daughter Mikako made the closing remarks, telling us: “My father was strict with us, but at the same time he always cared about us. When you see a jet plane flying over the sky, please recall him. In the future, I firmly believe that my father’s two grandchildren will play a major role for the development of Ito-gumi, following in my father’s footsteps.”

孫の14歳の香一さんは、「90歳を超えて大学に通いたいと言うほど新しいことを学ぶことが大好きな祖父だった。私たちにさまざまな学ぶ機会を与えてくれ、学ぶことの大切さを教えてくれた」と話した。同じく孫の美子氏は、伊藤氏とのエピソードについて、「おじいちゃんは、スピーチはうまいけれど、手紙を書くのが苦手でした。一枚のはがきを書くのに1日かかったこともありました」と語った。
Koichi(14 years old) recalled: “My grandfather, even at the age of 90, told me that he’d like to go to college again. He taught us how important it is to keep learning new things, regardless of age.”

同じくお孫さんの美子さんは、おじいちゃんの二つ目の寓話について、「おじいちゃんは、スピーチはうまいけど、手紙を書くのが大の苦手で、一枚のハガキを書くのに、一日かかったこともあった」と話してくれました。

Another grandchild of Mr. Ito’s, Miko (9 years old), gave us a humorous recollection, saying “My grandfather is good at speaking. But, when it comes to writing a letter, it took him a day to write two lines!”